再利用ができないか再確認してから奈良で粗大ゴミに出しましょう

電化製品

Choices

  • 粗大ゴミを自分で捨てる方法

    奈良でも引越しの際などに出る大量の粗大ゴミ。住んでいる奈良の地域によっても差があると思いますが、結構高いですよね。そこで安く捨てる方法を教えます。粗大ゴミ…

    2016年12月22日

    » more

  • 粗大ゴミについてです

    奈良でも生活をしていれば必ずゴミがでると思います。ゴミにも種類があるのはご存じかと思いますが、燃えるゴミや燃えないゴミ、危険物などがあります。しっかりと分…

    2016年12月22日

    » more

  • 粗大ゴミの出し方はいろいろな方法があります

    家庭の中の粗大ゴミの捨て方にはいろいろな方法があります。奈良では地域によって違いますが、奈良の私の住んでいる町では、市役所に電話をして粗大ごみを直接家まで…

    2016年12月22日

    » more

  • 粗大ゴミは最終手段です

    年末の大掃除で、不要になったものを処分するという方は多いのではないでしょうか。現在はごみを減らすためにもリサイクルやリユースといった活動がすすめられており…

    2016年12月22日

    » more

粗大ゴミとは縁のない私達

実家を出て奈良に来てからから10年以上経ちますが、粗大ゴミを出す機会は今まで1度だけでした。現在婚約中の彼女と暮らし始めた時に2人分あった家具を出した1度のみです。その時に不要になった洗濯機、冷蔵庫は当時で製造から20年程だったものを処分したのみでした。我が家の物を捨てる基準は、『壊れたら』か『しばらく使わなくなったら』で一致しており、見た目が汚れた程度の物は綺麗にして使っているので、まさに家具家電の値段分は使い切ります。
ただし、どちらかというと貧乏性の私の方が物を溜めがちで、先ほどの基準で『壊れてもいない、けどしばらく使っていない』物を捨てられず、婚約者の彼女の方が捨てる時にキッチリ捨てられる方です。そんな私達ですので、壊れるまで奈良で粗大ゴミを出す事はありません。
家電製品は日々新機能が搭載され数年も経つと旧式扱いになってしまいます。TVの画質もそうですし、冷蔵庫とWi-Fiが繋がりタブレットやスマホで管理できる物まで出始めました。もちろん最新機能が搭載され、生活が便利になる事は良いことだと思います。使える時間が増えて私達の暮らしにも余裕ができる事です。ですが、その事とまだ使える物を奈良で粗大ゴミとして捨てる事は別問題と思います。
中古品のリサイクル店の買い取りサービスを利用する事で、まだまだ使える物を安く中古品が欲しい方が購入し使い切る生活を行い、物を大事に使う本来の日本人の生活に戻るべきだと私は思います。

粗大ゴミを分別して捨てなければならない理由について

まず、粗大ゴミは法律で一般廃棄物に分類されます。国民の責務として、分別をしなければならない役割があります。奈良でも地域毎に配られるゴミ収集のチラシや地方公共団体のホームページに記載された通り、日にちを守ってゴミを出す協力をしなければなりません。次に、粗大ゴミ等の廃棄物は環境大臣が管轄しており、5年毎に計画が練られ、実行されています。奈良の綺麗な街を作る為に、海や河川、公園や広場、キャンプ場やスキー場、海水浴場や道路等の公共の場にゴミを捨てないようにしなければなりません。
粗大ゴミのように費用もかかり、重くて場所を取る物はこのような場に置いて帰りたくなりますが、国民の義務として綺麗な日本が形作られるように努めましょう。そして、粗大ゴミのような一般廃棄物は、奈良の市区町村の長の許可を受けた業者が回収します。但し、粗大ゴミを運搬する人自体が再生利用を目的に収集する場合や国からの省令があるケースでは市町村長の許可は要りません。
最後に、国は廃棄物の削減を目指しているので、出来るだけ物を大切に長く使える技術を身につけていくと良いと思います。例えば、粗大ゴミになる家具である布団は、中の綿を入れ替えれば10年以上使用できます。布団の表面が黄色くならないように、毎年カバーを替えたり、クリーニングに出したりして上手に使えば清潔なまま持っていられます。また、粗大ゴミには努力では改善できないテレビや冷蔵庫などの家電があります。再生できないので、購入した店舗で引き取ってもらう方法が一般的です。

自治体のルールに従って粗大ゴミを処分

ゴミの分別は、ゴミを出す人が最低限行わなければいけない大切なことです。奈良でゴミの分別をせずにゴミを出してしまったら、いろいろな人に迷惑がかかってしまいます。奈良のゴミを回収する人はもちろんのこと、集合住宅の場合ゴミ捨て場が汚くなる原因になります。ですので、ゴミの分別はしっかりと行わなければなりません。
そのゴミの分別でまず大別されるのは、粗大ゴミとそれ以外のゴミです。粗大ゴミとそれ以外のゴミはゴミの種類がまったく違いますので、基本的に一緒に混ぜて出すことはできないです。粗大ゴミは回収の方法がそもそも違いますので、分別せずに出してしまったらそのまま回収されず取り残されてしまう可能性が高いです。
この点に特に気をつけたいのは、奈良で違う市町村へ引越しをした後です。市町村が変われば粗大ゴミの回収方法が変わってきますので、まずはそのルールがどうなっているのか知らなければいけません。粗大ゴミの回収はゴミの回収の中でも最も労力を要しますので、その負担を少しでも軽くできるようにゴミを出す側が配慮しなければいけないです。そのためには粗大ゴミの回収方法がどうなっているのかをしっかりと把握し、そのやり方に沿って周りに迷惑をかけることなく処分するのが正しいやり方です。


引っ越しなどの際に粗大ゴミの処理に困ることは多いと思いますが、粗大ゴミ奈良ではそんな悩みも解決してくれます。良心的な価格で粗大ゴミの引き取りを行ってくれますので、奈良にお住いの方は知っておくといいでしょう。

Information

2016年12月22日
粗大ゴミは最終手段ですを更新しました。
2016年12月22日
粗大ゴミの出し方はいろいろな方法がありますを更新しました。
2016年12月22日
粗大ゴミについてですを更新しました。
2016年12月22日
粗大ゴミを自分で捨てる方法を更新しました。